HOME > ダッチオーブンレシピ > 炊く > 干し貝柱と乾燥牡蠣の粥
ダッチオーブンレシピ

干し貝柱と乾燥牡蠣の粥

使用するダッチオーブン : ダッチオーブン 10インチ スーパーディープ

main_image_009
調理法炊く
食材お米 
調理時間(目安)135分
難易度初級

材料

鶏(中抜き)…1羽(1㎏)
米…1合
水…適量
干し貝柱…30~40g
乾燥牡蠣…5個

[つけあわせの具(お好みで)]
ザーサイ…適量
ピータン…1個
(八等分)
しょうが…適量(せん切り)
青ねぎ…2本(小口切り)
塩、こしょう、ゴマ油 ワンタンの皮(揚げ油)など

作り方

  • よく洗った鶏をダッチオーブンに入れ、米と水を1:8の比率で入れます。(米は研がない。鶏の背が少し見える位の分量)

  • フタをして沸騰するまでは強火で、アクは取り除いて、干し貝柱、乾燥牡蠣を加えます。その後ふきこぼれない位の弱火で2時間炊きます。ダッチオーブンのお湯の中で米が泳ぐ程度の火加減にします。火が弱いと底に沈んだまま、糊のようになってしまい、強すぎると米がくずれてしまいます。

  • つけ合わせの具をそれぞれ用意して、粥と一緒にすすめます。粥を美味しく作る為には、鍋に付きっきりでアクを丹念にとり続けなければならないのですが、ダッチオーブンで調理すればアクをとらなくても美味しく出来上がるのでまったく手間がかかりません。※水分の多い方を好まれる場合は1:10位の比率にするとよいです。

その他の お米 レシピ

ダッチオーブンレシピ

中山 千賀子
日本ダッチオーブンライフ振興会 理事長
ダッチ・オーブン料理研究家

日本で最初の本格的、会員限定
ダッチオーブン料理教室
「アルカディア」主宰
日清食品フーディアム・セミナー講師

ダッチオーブン本の名作ベストセラーを次々に著し、ダッチオーブン・ブームを牽引する。山と渓谷社刊「ダッチオーブン・パーフェクトブック」はドイツの国際ブック・フェアに出品し、韓国の出版社によって翻訳されて韓国内で出版されベスト・セラーになる。

ページトップに戻る