1. HOME
  2. 製品情報
  3. バーベキュー/焚き火
  4. ファイアグリル
  • 683040-000
  • 683040-001
  • 683040_01

特 長

  • 683040_04
    四隅の隙間
    炉の四隅は熱による変形を防ぎ、空気を取り入れるためにあえて隙間を設けています。
  • 683040_05
    絶妙な炉と網の構造
    網はファイアグリルのツメに載せる仕様なので、炉の四隅にスペースができ、炭の調整がしやすくなります。
  • 683040_06
    保温スペース
    網の四隅は中心部に比べ火力が弱くなるので、保温スペースとして使えます。
  • 683040_07
    ダッチオーブンにも
  • 683040_08
    バーベキューにも
  • 683040_09
    「ロストル」の役割
    ロストルとは、炭の下に敷くことで通風を良くし、炭火を熾しやすく、火もよく燃えるようにする「火格子」のことです。ロストルを敷くことで炉台底面と炭との間に適度な空間ができ、効率よく炭火を熾すことができます。ファイアグリルはパンチ穴の開いたロストルを標準装備していますが、線材を使用した「ファイアグリルヘビーロストル」を組み合わせると、使い方もさらに幅が広がります。
  • 683040_11
    ワンポイント
    ロストルは熱により変形しますが使用上は全く問題ありません。気になる場合は凹んだ面を上にして使用してください。
  • 683040_12
    2台同時使用もオススメ 左1台/右2台
    2台使用は焚き火とダッチオーブン料理を同時にこなしたい時などに便利な使い方です。ファイアグリルは炉が底部に向かってテーパー形状になっているので2台収納時でも外寸は1台の時と変わりません。「焚き火用」と「調理用」といった使い分けが便利でオススメです。
  • 683040-003
    組み立て方 1
    4本の脚を開きます。(開く方向に注意してください。)
  • 683040-004
    組み立て方 2
    ツメ金具を上部に向けて開きます。(4本共)
  • 683040-005
    組み立て方 3
    炉をのせます。(ハンドルの内側にツメ金具をセット。)
  • 683040-006
    組み立て方 4
    ロストル(底板)を入れ、焼き網を置いて完成。

仕 様

  • サイズ
    使用時:約430×430×330(網高)mm
    収納時:約380×380×70mm
  • 材質
    炉・ロストル:ステンレス鋼
    スタンド・焼網:鉄・クロームメッキ
  • 重量
    約2.7kg
  • 分散耐荷重
    約20kg

関連商品